Cataphora

これまでのこと、これからのこと

ゾンビ

死ぬほど気分が悪い時は寝るに徹するべき
知ってはいるけれど、ねれないのが非常に困る

今日はものすっごく気分が悪く、体調が悪い それを周りに伝えることができなかったというよりも、断りを入れたにもかかわらず強引さに負けた、悔しいね

なのでここでアピールさせてください

例えば、個人にその話を愚痴りたくもなるけれど、ま、相手にダイレクトに伝えたところでそれはもう害悪なのでしません! というか伝わりません 
忘れたいようなことなどがあった場合は尚更です

ブログなら嫌なら閉じるなどして読み手側がうまくできるので許容範囲、のはず 
新しい記事もそのうち書きますし、流れる流れる 

なんだか、こう内面から禍々しさが溢れ出て来る感じ、体力が蝕まれる感じに、余計に疲れてしまい、早くおうちに帰ることだけを電車内で考えながら、腹痛とも戦っていました

ブログならまだしも、例えばですが、外に出て、何かしらのモヤモヤを昇華するために街や人混みを這いずり回ると、ゾンビになってしまいますよね(屁理屈)
ゾンビは嫌いです 彼らにそもそも感情があるのかどうかわかりませんが、鬱憤を溜めてそうですよね

あと、腐っているため近づきたいとは思いません

人間なので腐ることなく、切り替えて寝ようと思います

なんだかスッキリ

おやすみ!

ありえんよさみが深い

知らない音楽を知るのはかなり楽しくて、ワンオクロックを今更ながら、今日、初めて聴いてみました

前々からめっちゃ有名で邦楽ロックの代表格であることは知ってたんだけれど、周りがあまりにもオススメして来るので、そこまで言うなら聴くか!って思って聴いてみました

 

率直に言うとメッチャクチャいいっすね!!!

なんで今まで聴かなかったんだ!!! アホか!!!

 

そいえば、丁度カラオケで新しいジャンルや、グループのを歌えたらな〜なんて思ってたんですよね

この前1ヶ月ぶりに行ってきて、SuchmosのMireeを94点とったり、前前前世も歌い方?声?を変えたら、92点だったりしてすっかりいつのまにか点も取れちゃいました 調子がいいとこうでーす

気分良くなって「また歌いにいこ〜」なんて思い、まだ一週間しか経ってないですがまた時間ができたら行って、早速歌ってみようと思います!

もっと色々と知らないジャンルの歌を知りたいと思った日曜でした

夏だね

朝からめっちゃ暑いですね
新調したばかりの扇風機が壊れちゃってエアコンに頼ってばかりですが、電気代がかさむためほとんど家にいない様にしています

試験があってそれを受けました 早め
一年ぶり?ぐらいですね 最後に受けたのは去年の1月だったので
まー結果はどうなんだろう さすがに今やってるレベルで不安要素はない、と思う

目先のことはともかく(ともかくでもないけど)
年齢のこともあるので遊ばずに(?)先々のことを考えているんですが、将来の展望としては上のランクに臨みたいと考えていまして、それに係る試験の概要などを書店で調べてきました 法科大学院です 

笑いたければ笑え〜い 本人はいたって本気の真面目

適性試験って昔公務員試験で受けた様な色々な側面の力量を試すものばかりで(当然レベルは高い)、法律の知識を問うものとは違っていました
イメージと違っていたので驚き

更に、志望先によっては今の成績も重視されるみたいで、積み上げてきた成績は一朝一夕で変更が効くものでもないため、短大の時みたいに妥協できないな・・・と
軽く調べただけでも、意識を改めないとダメだなと感じさせられました
現状は2校に絞って、適性試験の対策などの勉強も緩やかにしつつ、お金を貯めつつと「質素倹約」を心がけていこうと思います
TOEICは当時の浪人終わりに受けて600後半だったのでなんとか700〜750にして、適性試験は合格者の平均から鑑みると200は取っておかないとヤバそうだなという印象

一番行きたい所の今年の結果を見て「こうだな」って予想したんですが、「入学基準最低点」なるものはもうちょっと低かったです

これだけ書いてると正直頭が痛くなってきます
時間はあるけどないと言っても過言ではない

大事に一日一日を過ごして行きましょう

頑張りすぎて熱にやられない様に

口調について

昨日の雨が嘘のような天気 乾いたテラスでこれを書いてます

相手によって言葉の使い方を細かに変えないといけない点で日本語って大変だと思うのだけれど、そうして使いこなしているうちに、僕の喋りや文の書き方が、徐々におかしくなっていって、違和感を感じるようになった

英語はスラングとかあるくらいだし、学校で習う範囲は汚い言葉遣いじゃないのであれだけ使ってれば多少の使う場面に間違いだったり、文体としての固さがあっても楽っちゃあ楽なので英語を母語にしたかったと思う 日本語はそれぐらい奥深く、難しい

なんの意識もなく喋ると、語尾は「〜よね」とか「なの」とか女々しい感じになってしまうし、なんだか話の内容からすればネチネチしてて自分でもイヤだな〜って思いがちなのでなんとかしたい

かといって品のない話し方は知らない方が幸せだし使いたくないしで「もうこりゃーどうにもならんな」と諦めがちです

昔だったら、年齢の割には言葉遣いが上品でいい子だねなんて褒められたし、整形外科の先生から気に入られてフランスの万年筆をもらったりとか年上の方と話す際にはお得だったんだけれども、今考えたら同世代の間では話し方は明らかに浮いてて、話し方が違うと「あの子は変わっている」と色眼鏡で見られることはありましたね

Youtubeで東大生が出ているTVの収録を見て見たら、あそこまでは硬すぎないけれどもやはり素の話し方とかは似ているな〜と思うので、固めなのかもしれない

流行っているスラングなどの多くを知らずに育ってしまい、一人称も表立つ機会が多かったため高校時代は「私」になってしまったりと、ドンドンと近い周りとズレが生じたのは口調からが原因かもしれないと気づかされました

三重で暮らしていた時にかなり口調はフランクになって改善されたので、今じゃあほとんどそのことで指摘はされないけれど 
そこに関してはめっちゃええやんって思っとるで(?)

 

口調は育ちを表すのかもしれないが、長ったらしいのは気をつけようと思った

帰る

 

How do you like Wednesday〜?

昔のテレビが面白かったな〜なんてのを、テレビ業界に就活してた友達と飲みながらだべっていました

好きなものだと面接対策しなくてもスラスラ言えるのでバンバン受かるらしいですね
祝い酒を奢ってやりました 僕もお高い梅酒を飲みました 
そして顔が男梅みたいになる

ところでみなさんテレビ見てますか?

僕はあんまり見ていません
嫌いだから、とかではないです
単純に見る時間がないのと、テレビを生活空間に置いてなかったことで、見る機会がなかっただけでした

生活の中でテレビの存在をありがたいと思ったことは唯一、浪人時代、偶然深夜にやってた「水曜どうでしょう」をこっそり見てた時です
勉強以外に、二度と戻りたくない、もしくは経験したくないことがあった一年だったんですけど、あの番組を見てる時はかなり癒し(?)になっていました

ほぼ毎日8〜10時間近く勉強してたこともあって、室内にいてばかりだったため、外への憧れや興味を強く感じさせたきっかけにもなりました 旅行好きはここから

でまあ、元々はローカルの局が低予算で製作した番組なんですけど、全国的にも非常に知名度の高い人気番組に発展していますよね
なぜあんなに面白いのか・・・不思議笑

会話のテンポの良さや、ディレクター陣と出演陣を含むチームの和気藹々とした姿、若しくはしていない姿、上半身裸になってデブの胸をたたく、外国で宿に泊まれず野宿するなどテレビで見せるべきではない姿の多くを「ホームビデオ」で撮影し、全て出しているのが、「人間味」が出ていて良いと言うのがまずは一番じゃないかなと思います
もちろん、テレビ番組なので当然脚本や構成は存在するんですけど、その中でも型破りを見せてくるのがなんとも面白く、または他に真似できない秀逸さがありますね

あと、大泉洋さんの騙されっぷりはマジでめっちゃ笑えます
毎回、企画の内容は大泉さんには知らされないと言う縛りの中で回がスタートするんですが、毎回「どこに連れて行かれるかわからない」恐怖と戦い、行く先を予想するのが面白く、見どころとなっています

長くなるので、また別の記事で、特に面白かったのを紹介したいなと思います

Forza

ユベントスのユニフォームが欲しい

 

1週間くらい前に渋谷にあるアディダスのブランドコアストアに友達と行ってきたんですけど、マンUの横にユーベのシャツがかけられて売ってました
色々あってスポーツ用のウェアと靴を探しにきたんですけどあれはラッキーでしたね
ユニ提供のスポンサーがアディダスだったのを忘れていました(
あと、去年定価で買った16−17シーズンのウィンドブレーカーが4割引くらいの値段で売られていたのはショック 待てばよかったかな〜


それで、ユニなんですけど、今期はクラシカルなデザインがとてもいいですね
2年前のとちょっと似てる気がします 「Jeep」のロゴが絆創膏みたいじゃないのがいいらしいですけど

後ろの部分は真っ黒で、背番号と名前は白文字で出る感じなども粋


ただ、胸元がどうも好きになれない・・・
襟は欲しかったと思っています

あと、残念ながらCLは優勝できなかった(いつも準優勝してしまう)からロゴマークをつけることができないんですけれども、それでも見たかったですね

誰のを買うんだって話、昔からマンジュキッチの献身性やスタイルが好きで推してましたので、「今期こそ彼のユニを買う」と意気がってますが、マルキージオにするかどうかも迷ってます どうでもいいですね

 

マルキージオのようなバンディエラはやはり尊い・・・

 

冒頭で少し書いたんですけど、今期のユニの特徴は、クラブのロゴが新シーズンから「J」をかたどったデザインに変更され、そのロゴがプリントされていることと、おなじみの白黒のストライプが1980年代のデザインから参考にされていることですかね

新しいロゴで戦う、記念すべき最初のシーズンということもあるのが注目です


そこそこ値段がするのでまた今度 夏が楽しみ

 

叫びたいのは俺だよムンク

土日休みがありません 泣ける

youtu.be

 

なんでこう、いつも不条理なんだ!クソが!

遠い昔には報われたり報われるべきなどという見方で、希望的観測を抱いては行動に移すことがまるで美徳だと刷り込まれて動いていただろう?だよな?
いつからそれが受ける側にとって当たり前と錯覚するようになったんだ?え?

 

高校の違う部活の先輩に酔った状態でこんなことを言っていた方が最近、リアルにいたんですけどみなさんどう思います?普段そういうこと言わないタイプなので強烈にシビれました あとゲラゲラ笑っちゃってウケました

与える側と与えられる側の意識については、昔と比べて何事も得るのが楽になった時代、まるで与えることの労力と与えられるもの自体の価値を忘れて傲慢になってしまうことがあったりするんじゃないのかなって感じてて、彼女(言ったのは女性です)は警鐘を鳴らしたかったのかもしれません 最後まで聞いた僕は強い

まあ、普段なら与えられて然るべきものも、なかったらなかったで駄々をこねるみたいにキレたりはするかもしれません 当然に与えられるべきものが与えられないのは、難しくいうと自己の権利の侵害につながるので、やはり声をあげるのが正しいのかもしれないですね

ところで僕はというと、物的な資産よりも経験や知的や思い出などの精神的にまつわるものを財産として捉えたいなとゆる〜く思ってます

物体として存在するものばかりを、自分が受ける価値として示しているのだとしたら、不足した際に、赤ちゃんのように無い物ねだりに泣き叫ぶかもしれないからです ギャー😱

いい歳して赤ちゃんの真似事はしたくありません

逆に、僕は深い何かを与えたいと思っています 良い意味で

だから僕にも与えてください 休みを