読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cataphora

これまでのこと、これからのこと

"WHERE,WHO,WHAT IS PETROLZ?"

感想 音楽

 

WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?(完全生産限定盤)

WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?(完全生産限定盤)

 

 

リリースの次の日、手元に届きました!

 ”WHERE,WHO,WHAT IS PETROLZ?”
トリビュートアルバムになります。

先月、販売先がAmazonの同商品を注文した際、2週間経過してメールに「お客様分の注文を確保することができず、誠に勝手ながら予約をキャンセルさせていただきました」と前代未聞の文章が送られてきたことがありました。
そんなトラブルにやさしく(?)クレームを入れ、別の業者から少し高めの値段でしたが予約注文し、一か月近く待っていました。

入っていたポストを確認したのが午前1時、真夜中。
缶コーヒーでも買おうかと外に出て、その前に軽くポストを確認したら白い封筒が入っていて、差出人を見てそのまま超興奮(笑)

コーヒーを買うのも忘れ、部屋に急いで戻ってiTunesで聴いてみました。

今回PetrolzのCDを買うのが初めてだったのですが、この作品、実はPetrolz本人が演奏、ヴォーカルの長岡さんが歌っている、といったものではありません!

次は過去のアルバムを買って、彼らの音を楽しみたいです。

冒頭にも書いたように、「トリビュートアルバム」であることから、ミュージシャン仲間や、メンバーの尊敬するアーティストが思い思いにPetrolzの楽曲を演奏しています。「ペトロールズとは何ぞや」という疑問・実態に迫っていく体験ができるテーマを凝縮した作品といったコンセプトのようです。

今大人気のSuchmosORIGINAL LOVEといったひと昔前の音楽界を風靡していたグループや、疾走感と激しさのあるJAZZを魅せてくれるSOIL&’’PIMP’’SESSIONSなどが奏でた音楽が楽しめます!やばい!

 

発売前はどの曲をどのグループが担当しているかだけ知ることができ参考、Petrolzを好きになったきっかけの「雨」という曲や、日本語と中国語で「FUEL」が聴けたのがよかったですね!Lucky Tapesというバンドは新発見ですし、呂布のラップは痺れました。

中でも特に楽しみにしてた、「雨」に関しては思うこともちらほらなので、この曲について触れてみたいと思います。

まずSuchmosがこの「雨」をカバーリングしたんですが、ファーストインプレッションは思っていたのと違う?こともあり、「微妙・・・」と思ってました。

個人的に感じる、YONCEさんの歌い方とは、裏声が綺麗に抜けていて耳に非常に心地よい音程を保っていて、彼らの出す楽曲からも、よく「和製ジャミロクワイ」と言われているのが的を射ていたり、今回のカバーアルバムにも出ているORIGINAL LOVEの田島さんにも似たような?声の通りだなと思っていました。

なんですが、思っていたからこそ、それがあんまり感じ取れなかったんですよね。雨からは。

彼らのライブ映像もよく観ていたので、その時の姿を投影し、期待が高ぶり、勝手に「もっと遊んでくるのかな!?」と期待していました。最初に感じた「思ったのと違う」というのはこの点です。

ですが、期待の方向が誤っていたことを確認させられましたね!申し訳ない!

聴いてみればわかりますが、YONCEさんの歌う「雨」は、歌詞に忠実で、感情をこめてしんみりした歌い方をしています。
最初こそ違和感を感じていましたが、Suchmosの新しい一面を私が知らなかっただけで、それを覗かせてもらっていた訳だったんですね(笑)

すぐにヘビーローテーションしてしまいました。夜寝る前や、バスの乗車中に。

勝手な想像ですが、名曲なだけに、Petrolz側からのオファーがあった際はかなりのプレッシャーだったのではないかと感じています←

 雨だけ突っ込んで触れましたが、全体を通して「W W W」の面白い所は、十人十色な特徴を持つアーティストに「Petrolz」の本質を突いてもらうだけではなく、楽曲を演奏したアーティスト自身の新たな一面にもフォーカスできるといった、二重の発見を潜ませていた所ですかね!

あと、購入者だけが聴ける限定の楽曲(呂布のラップ)も超絶オススメです。
スマホにどうにかしていれたい(涙)

初回限定版ということもあり、100ページ越えの写真集なんかもファンにとってはありがたいものでした。めちゃくちゃカッコイイ・・・

第2弾があったとしたらとても楽しみですし、その時はH ZETT M椎名林檎といった、長岡さんと関わり深いアーティストのカバーなんかも聴いてみたいなと思いました!

 

書き初め

感想

新年を迎えてある程度経ちましたが、あけましておめでとうございます。
今年も右京は頑張っていきます、見ていてください。

年が明けた瞬間は家族と挨拶をし、寿司を食い、ビデオ通話で変顔をしたり、互いに触れ合う中で新年を祝い合いました。いい家族と友達を持ったと思います。
これからも仲良くしてください。よろしくお願いします!

元日は起きてから神社に行きました。毎年必ずお願い事をし、一つの絵馬に願い事をかけ、帰りにおみくじをひくのが恒例行事です(キリスト教徒とは)

今年もまた気の抜けない一年になるので、気の抜けないようにする事を願ったり書いたりしました。毎年大体同じですが、ひたむきさが大事ですね。

おみくじの方は、結果として「大吉」だったのですが、昨年12月 青蓮院でおみくじを引いた際は人生初の「凶」を引いちゃいまして、失せ物も実際にメガネ(前回の記事をご覧ください)がでる、ストーカーに追われる、高熱を出して寝込むなど災難もそれなりにあり、おみくじの効果、バカにできねえと恐れていただけに単純に嬉しかったです。夏の浅草寺以来。

おみくじには「改めかえてすれば望事叶い喜び多し」とかいてありましたが、果たして自分の夢って、なんだろう?パッと出てこない時があります;
というより、言っても大言壮語のように捉えられて、恥ずかしかったり、凄く期待されたりするのでむやみに言えないですね。

疑問を浮かばせながらも、しばらく見つめ直してみようと思います。

帰りにはバイキングで美味しいものをたらふく食べたりしましたし、次の日には雑煮を食い、旧友と囲碁を打ったり、人の事を想ったり、好きなことして楽しんだりとなかなか贅沢です。おなかいっぱい。

正月太りはこれを書いている現在(1月10日)なおりかけていますが、時に自分に厳しくやっていこうと感じています。

・・・結局真面目っぽい文章だ、それでも、今年もヨロシク。

 

 

視界は良好

感想

皆さんは直したいのに直せない自分の悪しき短所があると思いますが、パッと浮かぶでしょうか?

人の振りみて我が振り直せ
といった言葉がありますが、反省する生き物である以上、良いところよりも悪いところの方が、数も多ければ目も向くことが多いのは自然なくらい、短所はあちらこちらに蔓延っています。

私には「管理が苦手」という致命的な短所があります。
なぜ致命的かというと、管理の下手な場合はトラブルが必ず発生し人を困らせたり、また、できない人間には責任がついてまわることはなく、大人であるはずが大人として見られなくなるからです。

失うものや背負うもの、他からの期待を負荷にかけ、バランスよくそつなく物事をこなすのが大人の生き方だと、大人をみて感じます。
学校生活を中心に数々の役割を、それなりにこなしてきましたが未だに責任のある仕事に立ち向かう事に対して自信がありません、苦手です。

やることの管理自体を「一人でやる必要はない」という言葉に頼り、つい甘えがちになりますが、克服できればそれなりにつよくなれそうなので向き合っていこうと考えています。

また仕事以外にも、物の管理についても言えます。
私の管理能力のなさを最大限にアピールしているツールは「眼鏡」です。

中学3年生くらいから眼鏡を使い始め、家にいる時以外は基本眼鏡を使っています。
用がなくても眼鏡ショップをふらふら見に行ったりするなど無類の眼鏡好きを自称しているにも関わらず、犬に噛まれたり、寝起きの際に足で踏むなどしてお気に入りを壊したことは、いままでの人生で一度だけではありません。

..で、今回は紛失しました。

f:id:ukyoele:20161229094840j:plain
なくした眼鏡です。
前々からツイッターをフォローしていた人は見たこともあるかもしれません。

とても気に入っていただけに滅茶苦茶落ち込みましたし、不甲斐ない自分に怒り、呆れました。
次の日に、自転車で走った道をもう一度通っても見つからなかったので、
偶然地元のアウトレットで同じ店があったのを思いだし、気に入ったフレームのを買いましたが、


f:id:ukyoele:20161229095540j:plain

いい感じです。自分の顔に合った眼鏡を見つけるのは難しいですがフィットしてます。
昔、GUCCIとかかけていた(調子に乗っていたのかもしれない)時期もありましたが、自分の気に入ったデザインに限り高値なのは見る目があるのか無いのか分かりません。
いずれまた新しい眼鏡をかけるときは来ると思いますが大事に使おうと決めた右京でした。

つれづれなるまとめ

感想

こんにちは

前回の記事のラストに書いた大阪のおばちゃんとの絡みなんて、みんなクソほど興味ないの、僕は知っています。
だからこれはまた今度に書くと思いますし書かないかもしれません。

一ヵ月近く放置していましたがその間色々な事がありました。

雑多に振り返っていきましょう。

 

1.行書試験
わざわざ名古屋まで受けに行きました。行書は法律科目と一般知識に大別し、更に一定の割合をとらないと合格できない国家資格試験になります。
勉強を始めたのは今年の2月、過去問を解いたら解いたで合格圏内の点数をとれていたなど浮かれつつありましたが、それもあり本番も緊張0の状態で受けてしまいました。
最初の一時間とちょっとで全問解き終わってしまいましたが後々Twitter内のフォロワーやサイトなどでの様子を振り返ると、それなりに間違えているっぽいです。
記述で1問は完答?できてるみたいなんですが、それもどうでしょうね(不安)
落ちていたらまた来年も受けますが、来年は社労士も受験します。

大学受験の帰りに北野天満宮大須観音とお祈りハシゴ(?)した縁もアリ、今回もそれをやろうと思って大須観音に行くことにしました。
地下鉄に乗っていたのですが、同じ車両に高校時代一番仲良くしてた友達が乗っていたみたいで、合流して一緒に行きました。
電車のドアの前でスマホをいじっているところを偶然見つけられたのがちょっと恥ずかしくもあり、久々に会えて嬉しくもあり色々喋りました。
今年2回目のラーメンを食べたんですがメチャクチャおいしかったです。

2.ポケモン
私がゲームをするようになった、ネットをするようになったすべての元凶はポケモンを知ったからですが、そのポケモンの最新作「サン&ムーン」が発売されました。
周りがムーンを買っていたのでサンを購入。(対戦&交換ドシドシ募集中)
前作「オメガルビー」のソフトを今年の春に紛失してしまい、すっかり意気消沈。
これを機にもうやめようと思ってましたがストーリーがどうしても気になる為購入。
これについてはまた後日書く、かもしれない。

3.スペイン語
中国語やドイツ語など中途半端にできますが(日が経つにつれ忘却の彼方)
スペイン語だけはガチでやり込んでいこうと思い、行書が終わったと同時に開始。
元々喋れたのにも係わらず今では全く皆無なのは、己の頭の悪さを悔やむしかありませんが、ゆっくりとやっていこうと思います。
目標は「ネイティブ同様」つまり深い話をできるようになりたいです。
将来スぺイン語圏に行くことがあるので準備します。

4.体重が落ち着く
今年20㎏の減量を成し遂げましたが、冬ということもあって落ち着いてきました。
食事の量も徐々に増えつつあるのは素直に喜べますが、時期も関係し、太りがちになるので気を付けたいですね。

5.絵を描き始めた

来年に向けてのアレコレで暇じゃない癖に趣味にしていたドット絵をぼちぼち再開しちゃいました。テヘ。

そんなかんじで

 

夢と過去のはなし 第一編

感想

おはよう
最近観る夢が、過去のはなしなので、なにか意味があるのかと考えがちです。
よく分かりませんが、二つにわけて書いてみようと思います。


私は2013年の7月31日、大阪の千里ニュータウンにいた。ここは高さのあるマンションが立ち並ぶ閑静な住宅街。中心地の喧騒もない。

地元から高速バスにゆられていた私は、ここで下車し、11時半に来る高知行き高速バス「よさこい号」を待つことになっていた。
水曜どうでしょうにハマっていた私は、そこで見た四国を絶対として捉えていた。つまりあまりキラキラした印象はなかった。
ああこれから寺と山に囲まれた、なんだか辺鄙な地に行くのかとぼんやりと俯瞰していたが、行く目的はあった。

当時、遠距離恋愛をしていた。
浪人、何様である。
相手は一足先に大学生になり、夏休みが始まる頃に会いましょうと連絡を取っていたのだった。向こうが帰省するのを待つよりも、こっちが遊びにいった方が時間の余裕もあるということで話が合い、遊びにいくことになった。

スマホを見るとメールの数々。互いにLINEはしていなかった。
次に時間を見る。9時40分すぎ。もうすぐ10時になろうかというのに、明日のことで緊張していた私はお腹がとにかくすいていた。普通はお腹が空かなくなるものである。
高速バスの下車地点は、幸いにも電車の駅の真横で、時間も時間で多くの店舗はシャッターが閉まっていたが、幸運なことに出入り口の近くに佇む中華料理店だけは空いていた。
ラストオーダーになるが受け入れるよということで、隅の席に座り、チャーハンと餃子を食べた。
お腹が空いている時は何を食べても美味しいと感じるが、この時ばかりは格別だった。
美味い。

食べている間、なんだか寂しいのか楽しいのか、もっと未来の話でこれからどうなるんだと自分自身は複雑な気持ちになっていたけれど料理の味はブレていない。スゴいなと感心した。

店を出た私は向かいのコンビニでお金を下ろし、グミとシーブリーズを買う。
入った瞬間の「らっしゃっせー!」に気圧されてしまった。ここはラーメン屋か。一端店を出て看板を見直す。
Familymartと書いてある。コンビニだった。

店員の威勢の良さを「関西の雰囲気」と混同してしまい、流石関西人、みんなして声量ハンパねえなと感じる。
実際はバイトのマニュアルだろう。
しかし、ここで私は、関西人は全員声量がでかくわちゃわちゃしていると大学に入学するまで定義することになる。

サッカーが嫌いなブラジル人がいれば、おしとやかな関西人もいるのだ。
人を理解するのにたまには時間がかかるということも、私は知っている。

やることもなくなった私は、ついにバス停でよさこい号を待つことにした。
寝台バスなのは分かるが11 時半は遅い。
辺りは暗かったが、それよりも「なぜか」バスを待つ客は私だけだったことに違和感を覚えていた。

夏休み入って当たり前の時期なのに、四国ってそんなに人気がないのかと思っていたところ、関西の洗礼を浴びせられることになる。

次回予告

右京、おばちゃんに絡まれる

Delayed Brain

おはよう スマホから書いております。

朝の目覚めは可笑しいくらいに快活ですが(4時台)、なんだか喉が痛い。

マスクをして眠れば喉を痛めることは無くても、息苦しさを感じるので加湿器が欲しいなと思うこの頃です。

 

寒いです。

 

今まで邪険に扱っていた「あつい」が「あたたかい」という言葉に変化して受け入れられ、求められる様に、なんだか人の自分勝手さが見え隠れしているような気がします。

人もまた天気な生き物だからってことなのかな?

私は、この予報もない天気の変化に頭がこんがらがっちゃうことが多々あるように感じます。

雨にも負けず、風にも負けず、

温かい目と思いやりを示していこうと思います!

だってあったかいんだから(古い)

 

さて、そのために、まずは

温泉行きたいですよね。

 

コレなんです。

言いたいのは。

 

兼ねてから山形県銀山温泉へ訪れたいと思っています。ご存じでしょうか。

 

江戸時代に栄えた延沢銀山という名称が由来だそうですが、徳川吉宗が将軍をしていた寛保1741年から温泉地として栄えているみたいです。

建物は大正時代末期から昭和時代初期にかけて建てられ、風情ある洋風の旅館の数々が今も立ち並んでおり、「郷愁」を感じることができるでしょう。

古き良き日本の歴史がそこにとどまっています。

ノスタルジック、なんだか憧れますね。

 

そういうことで、これからは景色を楽しみ、
歩き疲れて宿に泊まり、温泉に浸かりたい。

今年の冬はそうしてみたいと思います。

行けるかな!?

 

 

 

 

 

I got it from my daddy

今日の夕方、道端でこの記事のタイトルを連呼してたお兄さんがいたんですが、冷静に考えてヤバくないですか?

I got it from my daddy.  

日本語で言うなら「これはパパからもらった」って訳ですね。

元ネタは何だろうか、いったい彼はパパから何をもらったんだと検索をかけたら韓国の人気アーティストPSYさんのPVに辿り着けました。

「DADDY」ナルホド。

ノリノリになって「この体はパパからもらったと」連呼するぐらいだからやっぱ中毒性高いのかなとクリックしたらまずPVに度肝を抜かれました。

だって、子供の顔までおっさんじゃねえか。

Hey, where did you get that body from?

とか聞かれてるけど自慢げにパパって、

顔が答えています。
日本の動画PVと韓国の動画PVとでは扱う内容?シチュエーションというのがやや異なるなってのも感じますね。

PSYといったらカンナムスタイルとかを数年前に聞いたりしたぐらいでしたが、
今も尚、ノリの良いパーティーサウンド界隈では人気を博しているようでした。
ハマりそう(笑)

 

youtu.be